発達と成長に欠かせないアイテム

本は頭の栄養だよ!赤ちゃんのオモチャ

 

赤ちゃんの平均と発達と成長

生後10ヶ月メニュー

 

何でも検索

 とにかく調べる癖をつけることが
 自分自身 & 子供の為になりますよ♬

 

 

自己紹介

ベビーサークルの危険性と大きさ

ベビーサークルを使い始めた頃はまだ赤ちゃん自身がそこまで活発に行動していなかったのですが、

ベビーサークルの危険性の写真

スポンサーリンク

生後10ヶ月にもなりチャキチャキに動くようになって思う事は

ベビーサークルは確かに中での生活は安全だけど、

過信していると、危険性が高い!!ということにきがつきました!!

 

確かに購入した時に紐などをまいて遊びに使うと首をつる事がある!!と書いてあったのですが、

それは紐をつけなければ大丈夫ということですよね!!

 

最近気がついたことは何か手を加えるとかではなく、

そのままの状態でも過信して全然様子をみないと誰にでも危険性があるなぁ・・・という事です(汗

 

 

写真は暇になって外にいる私を呼びながら待っているところなのですが、

あの足とかも危ないですよね!?

 

そんな事を言い出したらキリがないのはもちろんわかってるのですが、

もし、写真の状態で、赤ちゃんがムリに立とうとしたり、足をひねったら・・・と考えると、

やっぱり少しでも声がするたびにチェックをする必要がありますね!!!

 

もちろん、通常のベビーサークルの使い方でなら安全ですが、

赤ちゃんは通常の使い方以外の使い方がすきなので、

今からもベビーサークルをつかって、イロイロな危険な行為をすると思います。

ベビーサークルから足を出して遊ぶ赤ちゃん

かといって下のほうをふさいでしまうと

赤ちゃんから外が見えないので

刺激が減っちゃいますよね・・・。

 

 

結果、親がしっかり見ている上で、完全に安全にベビーサークルが使えるという事だと思います。

 

 

ベビーサークルがなかったら、もっともっと危険ですが、

ベビーサークルがあるから完全に安全というわけではないので、赤ちゃんがいる以上

常に注意しておく必要がありますねぇ♪♪

 

さらに、タカミコ赤ちゃんは広めのベビーサークルをつかっているので他の遊びが沢山あり

まだ助かっているほうだと思いますが、

狭いベビーサークルを使用している親さんはさらなる注意が必要だと思います。

広告

 

知るだけで大きく変わります
             私のお勧め

子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる

 

しあわせ出産・育児マニュアル

 

赤ちゃんの夜泣きが止まる安眠講座

発達と成長検索

気になることはすべてその場で調べる!!
赤ちゃんの為より自分の為です♪

 

 

新生児の赤ちゃんにお役立ち

 

 

 ★日用品を賢く安く

 

 

 

 

生後2ヶ月以降の赤ちゃんのオモチャ

 

 

★可愛い赤ちゃん服♥

 

 ★赤ちゃんとの日常お役立ち商品

 

生後10ヶ月の変化

生後10ヶ月の初めの頃 発達と成長    →   生後10ヶ月終わりの頃の成長

生後10ヶ月のミコ動画

 

 

ミコ劇場

ベビーサークルに挟まる生後10ヶ月の赤ちゃん